3 3月
firstuser

高感度ナンバー1、名補佐役・豊臣秀長、

先般、機会が合って和歌山城を訪れました。
和歌山城は無論徳川御三家の居城であったことは知っているが、築城者は紀州を平定した豊臣秀吉が弟の豊臣秀長であることに気が付きました。

Continue reading…

comments

3 3月
firstuser

私は戦国武将の中では武田信玄を最も評価します。武田信玄は甲斐の虎と呼ばれ、今の山梨県辺りを治めた方です。信じるか信じないかは皆さんに任せますが、武田信玄の過去世は孫子の兵法を編み出した孫武です。更に、近年は経営学者のピーター・ドラッカーとして生まれ変わっています。その本質は、冷徹なる合理性です。武田信玄と織田信長が闘えば、武田信玄が勝つでしょう。武田信玄と豊臣秀吉が闘えば、武田信玄が勝つでしょう。徳川家康と武田信玄が闘っても、私の予想では武田信玄が勝ちます。

Continue reading…

comments

3 3月
firstuser

戦国武将の徳川家康が好きです。
徳川家康は子供の頃は今川家の人質としてすごしました。
その間に父親である松平広忠は謀反により亡くなってしまい家康の領地の三河は今川家の管理下におかれてしまいます。


Continue reading…

comments

3 7月
firstuser

私が、好きな武将は大谷吉継という、関ケ原の戦いで活躍した武将です。
この武将は、出生から謎が多く噂では秀吉の隠し子という説もあります。また、大谷吉継が病気をした時には、一家臣もかかわらず、秀吉自ら祈祷をした逸話もあり、謎が多いのですが、武将としては優秀で、関ケ原の戦いでは、多くの武勇を生み出しました。


Continue reading…

comments